いま話題の着せ替えアプリ『ピュアニスタ』特集

ネタバレが横行しすぎて、新作ゲームを買ったら娯楽を切り離した生活を送らないといけない不思議な世の中

 Dobrý den(こんにちは)、リツです。

 私は新作ゲームを購入したら、クリアするまでYoutubeやTwitterを切り離す生活を送っています。まともに運用していないTwitterはともかく、ゲームの息抜きがてらにYoutubeを視聴できないのは、結構な苦痛です。なぜ私がこんな目に合わないといけないのでしょうね。

 簡単な話。SNSや動画投稿サイトでは、ネタバレが横行しているから。

 ネタバレ戦隊ブチマケルンジャーを警戒してゲーム購入後しばらくはSNSや動画投稿サイトを生活から切り離しているんです。

SNSと動画投稿サイトでネタバレを受ける不思議な世の中

SNS

 SNSの普及に伴い、ゲームのスクショ画像を手軽に発信できるようになりました。ゲーム関連のアカウントのタイムラインはスクショ画像で埋め尽くされたりもします。ネタバレに配慮した良識のあるツイートも多いですが、中には重度のネタバレを含むものも存在。

 Twitterの仕様上、ネタバレ注意などの一文をツイートに含めたところですでに画像が見えている場合がほとんど。まるで意味を成しませんね。それに加え、フォローしていないどこのどなたまでタイムラインに流れてくるので、良識のある人をフォロー厳選しても無駄。

 ネタバレを受けないためには、SNSを見ないことが一番です。なぜこちらが身を引かないといけないのかーー不思議な世の中。

動画投稿サイト

 動画投稿サイトでは近年、ゲーム実況が大流行。いまこうして記事を書いている裏でもゲーム実況者は次々に誕生していることでしょう。良識のある方が増える分には大いに結構ですが、非常識な方も同時に大勢入ってきています。そういった輩は、新作ゲームの重要なネタバレを動画サムネイルに設定したりして非常に迷惑です。

 ゲーム実況内でネタバレする分には、視聴しなければ済む話で視聴者側からするとそこまで大した問題ではありません。しかしサムネイルに設定されていると、関連動画などで嫌でもネタバレを目にする機会があるので、本当にやめて欲しいです。

 有名なゲーム実況者の方や良識のある方などは、新作ゲームのネタバレ要素をサムネイルにしていてもモザイクなどでネタバレ配慮をしている場合が多いです。しかし偶に遭遇する非常識な底辺Youtuberは、ド派手なインパクトで再生回数を稼ぎたいのか知りませんが、堂々と新作ゲームのーー例えばラスボスや物語の黒幕をーー動画サムネイルにしています。いい加減にするべき。発売を心待ちにしていたファンの気持ちを考えろ、と声高に訴えたくなります。仮に実況者もそのゲームのファンなら百歩、いや千歩譲って、それでもまあ許せませんが、実際にそういうことをやっている輩の多くは、話題性に釣られただけのにわかの場合も多い。ファンからしたらますます許せない。

 怒りを覚えないためにも、ゲームをクリアするまでは動画投稿サイトを開かないのが賢明です。なぜ一部の迷惑系のために動画視聴を我慢しなければいけないのかーー不思議な世の中。

動画投稿サイトで実際にネタバレを喰らったことがある筆者

 数年前、かねてより楽しみにしていた新作ゲームをプレイ中、ちょっとした息抜きにYoutubeを開いたら底辺Youtuberの動画サムネイルで衝撃のネタバレを喰らってしまい、物凄くショックでした。同時に怒りがふつふつと湧いてきてーー。

 これ以降、物語性が強い新作ゲームが発売されたら、クリアするまでYoutubeを開かないようになりました。二度とネタバレを喰らいたくないからですね。

 あの時の怒りの残り火は、まだ確かに心の中に存在する。どれだけ引きずっているのと思われるでしょうが、それほどまでに許せなかったんですよねー。ヤバい奴? いや至極正常。

まとめ

 ネタバレが横行し過ぎて新作ゲームを買ったら即座に娯楽を生活から切り離さないといけないなんて、本当に不思議な世の中。ネットが普及するのも善し悪しですね。

 ちなみに私はゲームブログをやっていますが、新作ゲームのネタバレには最大限配慮して記事を執筆しております。

 たとえば、この記事なんかかなり意識していますね。

 プレイしたゲームのベストシーンなのに、ベストシーンをアイキャッチ画像にせず、シンプルなタイトルロゴのみを表示しております。物語の黒幕に関する重大なネタバレが含まれるからです。

 また記事中にはネタバレに注意するよう促す文面を可能な範囲で記載しております。閲覧者に不快な思いをさせないように筆者は常に心がけているからです。

 私ことリツは、ゲームのレビュー記事なども執筆しております。ゲームの購入などにお役立ていただければ幸いです。

涙腺崩壊。感動を味わえるゲームをピックアップ。

・『Summer Pockets(サマーポケッツ) REFLECTION BLUE』レビュー記事。

・『Rewrite(リライト)+』のダウンロード版について解説。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)