いま話題の着せ替えアプリ『ピュアニスタ』特集

【徹底解説】原稿を落とすとは⁉ 原稿を落とすの意味、ペナルティ、未然に防ぐためのアイデア

原稿を落とすとは⁉

原稿を落とすの意味

 締め切りや納期までに原稿が間に合わないことを示す隠語です。

 小説や漫画、同人誌などを創作する著者や記事を執筆するライターなどが、原稿を締め切り・納期までに書き上げられなかった場合、『原稿を落とす』という表現を致します。

原稿を落とすとペナルティが課せられる?

 ペナルティが課せられるかどうかは、状況や立場次第です。

 有名な漫画家や小説家がたまに原稿を落とすくらいならば、原稿料を貰えないだけでしょう。しかし繰り返せば、自然と信頼が落ちていってしまうので、気を付けたいところ。

 まだ名が売れていない方ならなおのこと。信頼を築く前に、見放されてしまいます。請け負っている仕事を他の人に取って代わられるなんてことも。人材に代わりがいくらでもいる状況においては、絶対に原稿を落とすことがないように心掛けなければなりません。仕事を失くす恐れがあります。人材に代わりがいない場合であるならば、大仕事を成し遂げるチャンスなので、絶対に締め切りまでに原稿を完成させましょう。相手の信頼を勝ち得ることで、次の仕事などが回ってきやすくなります。

未然に防ぐためのアイデア

 原稿を落とすことを未然に防ぐには、意識掛けが肝要です。

きちんと納期から逆算して計画を立てる。事前に納期をチェックし、それに間に合うように計画を立てましょう。執筆作業には、予期せぬトラブルがつきもの。原稿を修正するだけでなく、最初から書き直しになることもしばしば。納期を遵守できるように、余裕を持った日程が望ましいです。

読者のことを考える。自分の原稿を待ちわびている相手のことを考えるのもアリです。特に小説や漫画、同人誌などの創作活動においては筆が乗る要因となります。勢いのままに、短時間で書き上げられることも。やはりファンの力とは偉大なり。

向上心。信頼を勝ち得、成り上がりたいと思う心があれば、原稿を書くことへのモチベーションアップに繋がります。

リラックスをする。時には、筆を置いて、趣味に没頭するのもあり。ただし、没頭し過ぎには注意。

睡眠時間の確保。徹夜もいいですが、睡眠時間の確保は重要です。寝不足だと集中力が欠如する恐れがあります。もちろん、人によってはかえって集中力が上がる場合もあります。ただ寝不足は、健康状態にも影響を及ぼします。執筆者が倒れたりすれば、納期どころの話ではないので、やはり適度な睡眠は必要です。

栄養バランスの取れた食生活。執筆作業に追われると、食事を手短に済ませようとついついカップラーメンに手が伸びる。お湯を沸かしてカップに注げば、待っている間も原稿を作成できるからです。しかしこれは過ちの始まり。一度癖づくと、頻繁にインスタントで済ませてしまう。こうなると、栄養バランスに偏りが生じ、健康が損なわれる。頭も回らなくなってくるため、原稿作成に時間がかかってしまう。これでは食事を手短に済ませた意味がありませんね。しっかりと栄養バランスの取れた食生活を心掛けよう。

集中できる環境づくり。原稿を作成するためには、執筆者が集中できる環境づくりが大事です。机の周りにゴミや不要なものが散らかっていると、気になってしまうので、整理整頓をする。趣味の品などが目に入るとそっちに意識が向いてしまうため、なるべく視界に入らない場所に動かすなどしてプライベートと仕事を切り離しましょう。

まとめ

 本日は、『原稿を落とす』ことについて解説致しました。

 いかがでしたでしょうか?

 原稿を落とすことにメリットはないので、なるべく失くしていきたいですね。私ことリツもブログの記事などを執筆しておりますが、予定よりも記事の作成に時間がかかったりする場合はあります。記事によっては鮮度が重要だったりするので、なるべく予定通りにしないといけませんね。

涙腺崩壊。感動を味わえるゲームをピックアップ。

・『Summer Pockets(サマーポケッツ) REFLECTION BLUE』レビュー記事。

・『Rewrite(リライト)+』のダウンロード版について解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)