懐かしい夏に回帰するゲーム『サマポケRB』

【ポケモンSV】歴代でも面白い?つまらない?良かった点・気になった点について。

 ポケモンが大好きでずっとやり続けている筆者が、第9世代にあたる最新作【ポケットモンスタースカーレット・バイオレット】について純粋な感想を述べさせていただきます。

ポケットモンスタースカーレット・バイオレット

 本作は、2022年11月18日に世界同時に発売された【ポケットモンスタ】シリーズのゲーム最新作です。本作はオープンワールドRPGになっており、発売前からその反響が大きく、発売後もプレイヤーの熱気が凄まじいものになっていますね。

 物語の舞台は、スペインをモデルとしたパルデア地方。中央にパルデアの大穴と呼ばれる空間があり、その周囲を大自然と街々がぐるりと取り囲みます。

 パルデア地方へと引っ越してきた主人公は、これからアカデミーに転入する学生。ポケモンレンジャーバトナージではアルミア地方のレンジャースクールに主人公が転校するという設定がありましたが、ポケットモンスターの本編では初めての試みですね。

 ちなみにアカデミーはバージョンごとに名称が異なります。

 スカーレットでは、オレンジアカデミー。

 バイオレットでは、グレープアカデミーです。

 特産品の違いみたいな感じですね♪ 

 プレイヤーである主人公は選んだバージョンのアカデミーに転入。やがて始まる課外授業【宝探し】で自分だけの思い出を作るのが、本作の目的となっています。

【宝探し】が始まると、3つのシナリオを好きな順で遊んでいくことになります。

・チャンピオンロード

・レジェンドルート

・スターダストストリート

チャンピオンロード

 チャンピオンロードは、ポケモンお馴染みのジム巡り。各街に存在するジムを巡って立ちはだかるジムリーダーを倒し、将来のチャンピオンを目指すというもの。多分これから始めた方が多いと思う。

レジェンドルート

 レジェンドルートは、アカデミー在校生のペパーと共に秘伝のスパイスを求めて、各エリアに存在する主ポケモンに挑むというもの。秘伝のスパイスを入手することでライドポケモンを強化できるので物語の進行には欠かせないシナリオになっています。

スターダストストリート

 スターダストストリートは、アカデミーの在校生が結成したスター団と呼ばれる不良集団を解散させるために、スターダスト作戦を決行するというもの。不良であるはずの彼らが胸に秘めるアカデミーの真実は必見です。

 難易度が意外と高いので後回しにするのもアリ。私はギアチェンジの悪夢をBW以来久々に見た……。

 あなただけの宝物は見つかるのでしょうか?

ポケットモンスタースカーレット・バイオレット良かった点・気になった点

 全シナリオ攻略後の対戦要素まで加味して良かった点・気になった点をお話していきます。

 ネタバレが含まれるので、見たくないよって方はブラウザバック推奨です。

良かった点

新ポケモンが魅力的

 新作とだけあってやはり新ポケモンが大量に追加されています。

 人気沸騰のデカヌチャンもそうですが、他にも個性的なポケモンばかりで目移りしちゃいます。特に古代・未来のポケモンであるパラドックスポケモンの追加が何よりもでかいです。

 スカーレットなら古代の姿。

 バイオレットなら未来の姿。

 プリンやムウマといった可愛いポケモンの古代の姿。私もプレイしていて初めて見た時うぎゃーってなりました。

 未来の姿はポケモンがメカのような風貌になっているので、カッコ良かったりします。

 ドンファンやウルガモス好きはどっちのバージョンを買ってもにっこりですよね♪

オープンワールドが魅力的

 ライドポケモンに乗って東へ西へ。

 広大なパルデア地方を自由に渡り歩けるのが、やはり本作の良かった点でしょう。

 シナリオに沿わずとも好きな場所に行って好きなポケモンを捕まえるのもありかもしれません。

 オープンワールドだからこそ課外授業のテーマである【宝探し】が可能なのです。

テラスタルでポケモンの新たなる可能性を見つけられる

 本作には、過去作であったメガシンカ・Z技・ダイマックスがありません。

 アニポケを見ている勢からすると、サトシの活躍を真似できないのは辛いです。

 しかし本作には新たな要素テラスタルがあります。

 テラスタルは、ポケモンのタイプを自由に変えられるというもの。

 これによりたとえばサザンドラを電気タイプに変えることで特製ふゆうと合わせて弱点なしに出来たりします。単タイプになるので4倍弱点も消せます。

 またテラスタルはタイプ一致の技を強化することも出来るのでこれまでの強みを伸ばすことも可能。ドラゴンテラス流星群といった感じでただでさえ高威力な技の威力を底上げできます。

 こういった感じでポケモンに眠るいろんな可能性を新たに発見することが出来ます。

色違いが出やすい

 

 ポケモンといえば色違い収集もコレクターにとっては重要な要素ですよね。
 本作は、色違いが前作までよりはるかに出やすいです。
 確率自体は前作までと変わっていませんが、オープンワールドであるため、ポケモンが常時複数体現れる仕様なので厳選効率が非常にいいのです。光るお守りもあるため、確率自体も挙げられます。
 さらに本作は、ポケモンの大量発生が起こったりするのですが、これを活用すれば色違いの出現率をより上げることが出来ます。

 とまあ、ここまではポケモンレジェンズアルセウスと似たような感じですが……。

 本作には色違い入手をもっと容易にする要素が存在します。

 それはピクニックで作れるサインドイッチです。

 特定の食材と秘伝のスパイスを組み合わせてサンドイッチを作ることで、色違いの出現率を跳ね上げることが出来ます。

 ポケモンのタイプを指定できるので、狙ったポケモンの色違いの入手が非常に容易です。

 いいな欲しいな、と思ったらバンバン入手できます。運にもよりますが光るお守りなしであっても、30分で2体とか普通にある。

気になった点

ドキドキが少ない

 歴代最高のストーリーで滅茶苦茶感動したとよく耳にしますが、個人的にはうーんでした。

 確かにエリアゼロ辺りからラスト辺りは詰め込まれていますが、そこに至るまでのシナリオが……でした。何でしょう、ただあちこちを周っているだけでドキドキがないというか。

 オープンワールドだから仕方がないかもしれませんが、これまでのポケモンのように道中で不意に悪の組織が絡んできたり、イベントが発生することはなく、ジムやアジトについてから何か起こるといった誰しもが特定の場所で待機している感があり残念でした。

ほとんどのNPCに話しかけられない

 本作は、ほとんどのNPCと会話が出来ません。

 NPCを見かけたら全員に話しかけている私としては、会話が出来ないのは非常に残念です。道具を貰えたり、ちょっとした小話を聴けたりと楽しみな要素なんですが。NPCに話しかけることで隠しクエストが始まるなんていうのはRPGの醍醐味ですよね。

建物に入れない。同じお店が何件も連なる違和感。

 せっかくのオープンワールドなのに、入れる建物が限定されています。

 あの建物なんだろう➡入れない➡えっ!?

 ここがっかりです。これまでのポケモンは大体は入れたはずですが。

 同じお店が何件も連なるのも違和感です。テーブルシティで飲食店を巡っていると、なんで同じ店が隣同士で客の取り合いしているんだろう?➡フランチャイズで経営者が違うのかな、なんて探ってしまいますね。

制服固定

 学生だからか、服が制服で固定されています。私服を着たいです。

 帽子や靴、バックといった部分は変えられるのですが、結局のところベースが制服なのでたいして見た目が変わりません。むしろ変わった帽子や靴を着用していると、不自然というか違和感しかないです。

 もう一度言います。私服を着たいです。クラベル校長、校則を緩めて欲しいです。

 剣盾の頃は、オシャレを楽しめてよかったのですが……もうポケモンでオシャレを楽しめないんでしょうか?

 DLCで私服が着られるようになることを切に願います。

 あと、あとーー髪型にサイドテール下さい。

【ピュアニスタ】いま話題の着せ替えアプリ。本気でアバターを作成してみた結果、なんと祝2周年の雑誌の表紙に?

テラスタルによって元々強いポケモンが更に超強化

 テラスタルによっていろんなポケモンに可能性は生まれました。

 しかし結局のところ、元々強いポケモンが火力を底上げしてきたり弱点を消してくるせいで、マイナーなポケモンは以前より歯が立たなくなっています。ダイマックスで体力を上げる、ダイマ技で技の威力や能力ランクを上げるなどできていた剣盾の頃に比べて、テラスタルでタイプを変えたところで相手の超火力で吹き飛ぶ場面も多い。特にヘイラッシャ・ラウドボーンなどのてんねんポケモンのせいでこだわりアイテム持ちが多いせいもある。

 初手ビックリテラスでドーンもあるので、私はダイマックスの方が良かった。ダイマは切ったら簡単に引けなくなるが、テラスタルは引いてからまた出てきてもテラスタイプ継続なのはまずい。全ポケモンが全タイプになれるのも自由度が高くなる半面、読みあいの部分を超えてきたりもする。

テラピース50個は多すぎ

 チャンプルタウンでポケモンのテラスタイプを変えられますが、必要テラピースが50なので、手軽に変えることが出来ません。テラピースはテラレイドで入手できますが、何か所も周るのは面倒です。

 対戦でこのテラスで試したいなと思っても、集めるのに時間が掛かりすぎるせいで、諦める必要も。せめてテラピースのタイプ指定が無くなればいいのになと思います。明らかに使う頻度の低いテラスタイプっていますし……。

準伝説のポケモン出現のための杭抜きが地獄すぎる

 本作の準伝説ポケモンを出現させるためには、あちこちに点在する封印の杭を抜く作業が求められるのですが、これがもう本当に地獄。杭の場所はノーヒントなので、パルデア地方の広大なマップを自力で周って探すしかない。筆者は発狂寸前でした。あとコライドンを長時間走らせすぎて画面酔いもちょっと……。

 ノーヒントですると膨大な時間を要する可能性があるので、素直に攻略サイトなりなんなりを見たほうが精神衛生上安全です。

バグ多すぎ

 プレイしていて何より気になったのが、バグが多すぎる問題。

 エラー落ちも結構頻繁に起こるために、いつ落ちるかプレイしていると戦々恐々したりする。

 実はエラー落ちでプレイ時間減ってたりする……色違いを返して。

 画像はよくわからないけど世界の裏側バグらしきもの。色違い厳選中にドラパルトのように壁すり抜けて勝手にこうなった……。そらをとぶでエリア移動したら元に戻ったので一安心だったけど、またプレイ時間吹き飛ぶとこだった。

 アップデートで改善期待ですね。

まとめ

【ポケットモンスタースカーレット・バイオレット】は目新しい部分は良かったですが、気になる点も多く見られた作品でした。特にバグやエラー落ちは一刻も早く改善して欲しいところ。

 私はドット絵BWのポケモンが大好きでしたが、剣盾・アルセウスのグラフィックは非常に素晴らしいと思っていただけに、スカーレット・バイオレットでやや方向性が変わったのが、ちょっとショックでしたね、はい。

 ただ不満が多いと見える私ですら、それでも毎日遊んでいるくらい面白い作品には仕上がっているので、ぜひ興味を持った方は一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)