いま話題の着せ替えアプリ『ピュアニスタ』特集

The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War 待ちに待ったアニメ化感想

 Dobrý den(こんにちは)。

 本日は、2022年の冬アニメ(2023年1月)から始まるアニメ、【The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War】についてです。

 本作は、日本ファルコムから発売されているゲーム【英雄伝説閃の軌跡】の2と3の間に起こる【北方戦役】を描いたアニメになっています。原作ゲームでは回想シーンで登場しますが、これまで詳細に描かれたことはなかったので、放送されるのを本当に心待ちにしていました。

 長かったーー長かったですよ。

 でも、やっと解放される。待ちに待った閃の軌跡のアニメ!!

 クロスベルは帝国の電撃作戦によって併合され、閃の軌跡2であったとおり共和国も灰の騎神に敗れ。次なる舞台は、ノーザンブリア自治州。

 主人公は、アニメオリジナルキャラクターのラヴィ。ノーザンブリア自治州の基盤になっている猟兵集団【北の猟兵】所属。

??『亡国の死兵ーー見事、勲を示しましたね』。

 帝国によって併合されることがすでに決定しているノーザンブリア自治州。

??『あれは到底”戦”なんて呼べるような代物じゃなかった』。

 原作では某キャラによってそう示されている【北方戦役】。最強格のオーレリア(黄金の羅刹)と副官のウォレス(黒旋風)が指揮する最新鋭の機甲兵師団に、北の猟兵ひいてはラヴィはどう抗うのでしょうか?

 筆者から言わせてもらうと……無理ゲーですね。ウォレスはともかくオーレリアは……ね(笑)。だってあの人強すぎるもん!! 3で初めてプレイアブルになった際、あまりにえぐ過ぎて引いた記憶がある……。まあ創では、火炎魔人とかいういかれた性能のプレイアブルキャラがいたのだけど……。インフレしすぎ。

 そこにリィンと灰の騎神【ヴァリマール】も介入して……アニメでどう描かれるのでしょうね。楽しみですね。

 とまあ、原作についての思い出が巡りましたが、やはり本作は軌跡シリーズファン(原作勢)向けの要素が多いと思われます。

 アニメで描く以上、初見勢を意識した演出になるとは思いますが、それでも原作を一度プレイしておいて損はないですね。

 原作【英雄伝説閃の軌跡のパッケージ版】は、Amazonだったりで購入できます。

 ちなみに上記の英雄伝説「閃の軌跡Ⅰ~Ⅳ」&「創の軌跡」コンプリートBOXはソフト5本分が収録されてこの値段ですのでびっくりするほどお得です。

 DMMなどでダウンロード版も販売されているみたいですのでよろしければ参考にしてください。

#01 誰そ彼は……黄昏の英雄の感想

出典:【The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War】(C)2023 Nihon Falcom/「閃の軌跡NW」製作委員会

 アニメ第1話。始まってすぐに北の猟兵の戦闘が描かれる。

 ああ、軌跡の魔獣がでてきて本当にアニメ化したんだなーとしみじみ鑑賞していた辺りでぶち込まれた初見OP映像がヤバすぎた!!

 画像のリィンとヴァリマールのイラスト、まさかOP映像で使用されるとは……。

 OP映像を見る限り【北の猟兵】のアニオリメンバーに加え、原作からはアルティナ・ミリアム・レクターーーは、帝国軍情報局のメンツなんでわかる。アルティナなんてリィンのサポートだし。オーレリアとウォレス。それに加えて結社からはカンパラルラが参戦。盟主の代わり見届ける役割を持っているだけあってどこでも干渉してきますね。ある意味帝国の内戦で顔を出さなかったのは、クロスベル側にいたからなんだろうけど……クロスベルと帝国を行き来していたデュバリィさんを見習ってほしい。彼女、めっちゃハードスケジュールできつそうだったからね。

??『プリズムキャリバー!!』

 アニメの内容に戻るけど、ノーザンボルシチがめっちゃおいしそうだった。涎が止まらない。

 極光のフェノメノンとかいう2つ名を持つローガンは帝国の英雄ってリィンのこと言っていた。まあ英雄と聞くと聞こえはいいけど、この時点ではオズボーン宰相に良いように使われている”虚構の英雄”だからな~。

??『お前には”英雄”としてしばらく役に立ってもらうぞ』

 虚構の英雄と英雄にコンプレックスを持つラヴィが出会ったらたったらどうなるのか? 必見ですね。

#02 集いし不快な漆黒

出典:【The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War】(C)2023 Nihon Falcom/「閃の軌跡NW」製作委員会

 アニメ第2話。英雄伝説閃の軌跡2の翡翠の城将ルーファス会見シーンキター!!

 アルティナもちらっと見えましたね。これからリィン&アルティナVSロイド&リーシャでしょうか。リィンがトールズ士官学校に戻る直前のはずなので、どうなんでしょう? 時系列を想像するだけでワクワクしますね。

 相変わらず、ラヴィはつんつんしてますね。それにしても帝国への潜入任務ですか。私だったら嫌ですと即答したくなるくらい、他国からしたら帝国の技術は未知数。鉄血宰相が狙撃されると同時に現れた機甲兵。ミリアム・アルティナが運用する異形の傀儡【戦術殻】(はまだ知らないのか……ラヴィたちの反応が楽しみ)。更には共和国を1機で撃退した騎神。帝国への潜入は、驚きと発見に満ちているどころじゃないんですけど……。

 ローガンは帝国と本気でやりあえると思ってるみたいだけど、どこからそんな自信が湧いてくるのか? 

 騎神を機甲兵だと認識している時点で負けですね。7の騎神は特別。

 この頃だと、”灰”が目下活躍中。起動者を失った”蒼”は軍に引き渡された(はずだった)。”緋”は魔王となり敗れた。黒幕によって”紫”は新たな起動者と出会い。”銀”は鋼によって秘匿され。”金”はいまだ現れず。そして”黒”は、あらゆる事象に干渉中。

 一応、原作で黒幕が話していた序列。

 黒>金=銀>緋>灰=蒼=紫。

 改めて考えると、普通に勝ち目ない【北の猟兵】。”黒”の性能が異常すぎる。まあ灰以外が出張ってくることはまずないんだけど。

 仮に全盛期キーアの因果操作があったとしてもあのクロスベルですら勝てたのだろうか……。アイオーンはフルパワー騎神には及ばないって結論出たからな~。

 最後に支援者っぽいカンパネルラ登場。ああ、結社お得意の人形兵器ですか?

 主人公周りがおかしいだけなのかもしれないけど、普通に生身でぶっ壊されてるから、機甲兵には勝てないはず。あとは執行者がどれだけ参戦してくるかだけど、まあ期待薄ですね。あの人たち自由ですから。

【The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War】。いまのところ、非常に満足いく仕上がりのアニメとなってます。

 DMM TVで第1話は最速で放送されてました。興味のある方はいかがですか? 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)