いま話題の着せ替えアプリ『ピュアニスタ』特集

【徹底解説】いまからYoutube(ゲーム実況界)への新規参入で成功を掴み取るのは、難しい。待ち受ける厳しい現実と競争するには分が悪すぎて無理な相手。

 Youtubeでゲーム関連動画を視聴していて、私も生配信・動画投稿を始めて有名になりたいなー、なんて思ってしまうことありませんか? 

 いくらいま熱い業界といえど皆が皆してそうではない。しかしこの記事を閲覧しているあなたは、Youtubeでのゲームの生配信・動画投稿に少なからず興味をお持ちなはず。

 本日は、注意喚起の記事。いまからYoutube(ゲーム実況界)への新規参入で成功を掴み取るのは、難しいということについてお話させていただきます。

いまからYoutube(ゲーム実況界)への新規参入で成功を掴み取るのは、難しい

Youtube(ゲーム実況界)への新規参入とは?

 まずはYoutubeで自分のチャンネルを開設すること。これをしないことには何も始まらず。

 続いては、開設した自分のチャンネルで生配信を行う。または事前に編集した動画を投稿すること。ゲームというジャンルにおいては、リアルタイムでゲームをプレイし、それを配信すること。または、あらかじめ編集しておいたプレイ動画をYoutubeに投稿(アップロード)することを指します。これでようやく、初めの一歩。何かしらのコンテンツがないと、自身のチャンネルの存在をアピールできませんから。ここから継続的に活動を続けていくことで、晴れてYoutuberという枠組みに当て嵌められます。

 どの程度の活動がYoutube(ゲーム実況界)への新規参入の目安になるかは、人によるでしょう。単発実況でそれしかゲームに関する投稿をしなくても、投稿したということにはなります。しかし余程有名でもない限り、ほとんど誰の目にも触れられることはありません。何事も継続しなければ意味をなさないので、当ブログでは新規参入の目安を”本格的にYoutuber(ゲーム実況者)として活動すること”と定義します。

Youtube(ゲーム実況界)への新規参入するメリット

 Youtubeに限った話ではないですが。

 生配信・投稿でゲームというジャンルを選択する理由。それは、一体何でしょうか? おそらく単純にゲームが好き・ゲームが趣味などの理由が多いはず。自分の腕前を他人に披露したいチャンレンジャーも中にはいらっしゃるかもしれません。ただ、嫌いなジャンルの腕前がピカイチだなんてそうそうあり得ないので、結局そういった理由の方もゲーム好きに収まるはずです。

 ゲーム実況者として活動を行うということは、好きなゲームをしながら、視聴者を集められ、そこである種のコミュニティを形成できる。活動を継続していくうちに、もし有名にでもなることができた際には、広告や投げ銭などで収入すら見込めるーー人によっては、ゲーム実況を専業にしても生活できるくらいには。

 ーーなんて夢のある話でしょうか。

 大好きなゲームをしながら、充実した生活を送れるようになるかもしれない。まさにゲーマーにとっての理想郷。

 これならば、ゲーム実況界に新規参入が止まらないのも頷けますね。

成功を掴み取るのは、難しい理由

 一言で表現しますと、”後発”だからです。

 現在名のあるゲーム実況者の多くは、ゲーム実況というジャンルが流行るより以前から地道に活動して、着実にファンを増やしていった方々。まだゲーム実況どころかYoutuberなんて言葉が世間一般に浸透する前から彼らは時代を先取りした行動(先見の明かは不明ですが)をしていました。あらゆる分野においても、開拓者という存在は、評価されやすい。未知を切り開く努力(下積み)で、後続への道(新たな夢へと続くレール)を敷いたのだから当然ですね。

 時代の先駆者である彼らにーー果たして後追いの新参者が勝てるでしょうか?

 同じゲームを実況。地位を築いている有名な方と新規で無名な方、視聴者の立場でどちらを見るか? 有名なチャンネルで選ぶ場合、再生回数が多い方で選ぶ場合ーーそのどちらでも勝つことは難しいですよね。

 あまり知名度のないゲームで彼らとの勝負を避ける? 知名度のないゲームだと、そもそも検索する人が少なく視聴者の目に届きにくい。目に届きにくいということは、再生回数も伸び悩み、チャンネル登録者数の増加にも繋がりづらい。ジレンマですね。

 余程、チャンネル自体に力があれば別ですがね。

 たとえば、芸能人。国民的アイドルだったりすると、チャンネルを開設しただけで登録者数が半端ないことに。お笑い芸人も面白くゲーム実況してくれるので、見応えがありますね。

 たとえば、何らかのゲームのプロ。すでに業界で知名度を持っているため、プロのテクニックを見ようと視聴者が付きやすく、実際に為になることも多いために自然と再生回数も伸びる。

 しかし、一個人に元々知名度があるなんてそうそうない話。強烈な個性などで他との差別化を図らなくてはなりません。

 では、強烈な個性とは何でしょうか? 

 圧倒的なトーク力、腕の立つ配信者が無双する、人が知らないお役立ち攻略情報などなど。これらには限りませんが、他人には絶対に負けないと思う要素が必要になるでしょう。

 先駆者に追随するだけの力や個性を必要とするので、どうしても新規参入が成功を掴み取るのは、難しいです。

待ち受ける厳しい現実

 それでも本人の努力次第でチャンネルの運営を軌道に乗せ、成功を掴み取ることができる可能性も。

 しかし努力を重ねているのに、いつまでも鳴かず飛ばずだとひたすらに辛い日々です。私もブログを運営しているので通じることがあるのですが、誰も見てくれないほど悲しいものはないです。雑なコンテンツならいざ知らず、時間を掛けて一生懸命仕上げたものならより悲しみは深い。

 そういった状況に陥った時に必要になるのが、いつか花開く時まで耐え忍ぶ、精神力。これがないと、まず壁を乗り越えられないでしょう。

 それに加え、これまでの失敗を糧に、新たな一歩を踏みだすだけの行動力。自身を省みて、自分に足りないものを取り入れ、ダメだった部分を修正していく。停滞しているだけでは何も変わらない。藻掻きながらでもただひたすらに前へと進むのが、最も重要だと思います。

競争するには分が悪すぎる相手

 前述しましたが、ゲーム実況の先駆者たち。

 それに加え、Vtuberが登場。可愛いキャラクターの容姿をまとって、ぬるぬる動きながら配信する手法が、いま一世を風靡していますね。

 人間とは罪な生き物で、可愛い生き物がいればどうしてもそちらに目を奪われてしまう。それが絶対に叶わないと思われた現実世界での二次元とのコミュニケーションならば、なおのこと。

 そんなVtuberがとにかく強い。圧倒的な3Dモデル。事務所に所属している有名どころは、デビューしたばかりのゲーム実況で驚愕するほどの再生回数を稼ぐ。マネージャーなど事務所からのバックアップ体制が充実している彼ら彼女らに、個人じゃ到底太刀打ちできない。

まとめ

 本日は、いまからYoutube(ゲーム実況界)への新規参入で成功を掴み取るのは、難しい。待ち受ける厳しい現実と競争するには分が悪すぎて無理な相手について解説させていただきました。

 いかがでしたでしょうか?

 ネガティブな内容の記事。しかしこれはYoutube(ゲーム実況界)への新規参入を考え直すように促すことが目的の記事ではありません。むしろ逆。あえて厳しい部分をお話しすることで、ゲーム実況者として活動されるようになっても途中で心を折られないように頑張ってほしい。それが私の本懐です。

涙腺崩壊。感動を味わえるゲームをピックアップ。

・『Summer Pockets(サマーポケッツ) REFLECTION BLUE』レビュー記事。

・『Rewrite(リライト)+』のダウンロード版について解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)