いま話題の着せ替えアプリ『ピュアニスタ』特集

ヴァンパイアとネクロマンサーが統合⁉ シャドウバースエボルブ発表会まとめ。

 2022年1月6日にSHADOWVERSE EVOLVE(シャドウバースエボルブ)の発表会がありました。そこでは、シャドウバースエボルブのキービジュアルを始め、新たにいくつかの情報が解禁されました。

シャドウバースエボルブ

キービジュアル

出典:Shadowverse新作カードゲーム『Shadowverse EVOLVE』発表会

 DCG版シャドウバースの初期リーダー7人が揃い踏み。ネメシスに関しては、DCG版でも途中で実装されたクラスなので、正式リリース後の実装に期待ですね……。ただ、発表会の中で色々と考えた結果ーーみたいな感じでお話される場面があったので、もしかしたらネメシス実装は、厳しかったりもする?

 他に気になるのは、彼らのイラストがDCG版の初期スキンではないところ。ストーリーのネタバレになるので詳細は省きますが、初期スキンのイラストが、私は結構好きなので、どこか違和感を覚えたり……。

 初期リーダーたちが放つ雰囲気と暗い背景が相まって、ダークファンタジー的な印象を凄く感じる。シャドバのキービジュアルとしては、完璧だと思う。

基本ルールは、DCG版と変わらず

出典:Shadowverse新作カードゲーム『Shadowverse EVOLVE』発表会

 選んだリーダーの『クラス』でデッキを用意して対戦相手とバトル。PPを使い『フォロワー』『スペル』『アミュレット』をプレイし、相手のリーダーの体力を0にすれば勝利。

 シャドウバースエボルブの基本ルールは、DCG版と変わらないようですね。複雑なルールの変更がないので、シャドバプレイヤーであれば慣れるのにそう時間は掛からない?

 ただ、公開されたカードデザインを見るに、カード説明がイラストと被っていたりするので、そこら辺の違和感に戸惑う可能性も。

初期クラスは、6種類⁉

出典:Shadowverse新作カードゲーム『Shadowverse EVOLVE』発表会

 シャドウバースエボルブで使用できる初期クラスは、全部で6種類とのこと。

 ーーえっ⁉

 DCG版では初期から、エルフ・ロイヤル・ウィッチ・ドラゴン・ビショップ・ヴァンパイア・ネクロマンサーと7種類のクラスが選択できました。キービジュアルのキャラの人数とも合致せず、どういうことなのか? ヴァンパイアとネクロマンサーが見当たらない……。

【悲報】ヴァンプ・ネクロ消滅。オリジナルクラス『ナイトメア』実装

出典:Shadowverse新作カードゲーム『Shadowverse EVOLVE』発表会

 シャドウバースエボルブでは、ヴァンパイアとネクロマンサーが統合され、オリジナルクラスの『ナイトメア』として生まれ変わります。

 ーーどうして、ヴァンプが⁉

 筆者はどこか不満げです。ですが、考えてみれば仕方のないことかもしれません。

 ヴァンパイアのクラス特性の一つである『復讐』は、リーダーの体力が10以下の状態。リアルカードバトルの途中でも復讐状態かどうかは把握することが難しくはないので、満足に遊べる仕様になっています。

 しかし問題は、ネクロマンサー。墓場の枚数を参照して効果を発揮する、ネクロマンス能力を駆使して戦うのが、クラス特性の一つ。リアルカードバトルにおいては、これがネックになってくると思われる。ネクロマンス能力を発動するたびに、現在の墓場を計算する必要があり、かなり面倒そう。フォロワーの能力などで墓場を肥やしたりするので、墓場=カードの枚数ではないのも関わってきそうではある。

 ーーとはいえ、それなら、ウィッチのクラス特性の一つである、スペルブーストはどうなるのでしょうね? 相手に見えないところで手札のコストを下げていくので、相手と揉めたりしないのでしょうかね? 計算もより面倒そうで、正直、ネクロマンサーよりも実装が難しいはず。

 どうしてヴァンパイアとネクロマンサーだけが、『ナイトメア』として統合されたのでしょうね? 闇の世界の住人という共通点があるからか? そこら辺の情報はこれから出てくるかもしれません。

進化(エボルブ)要素が、独自

出典:Shadowverse新作カードゲーム『Shadowverse EVOLVE』発表会

【エボルブ】特定のフォロワーはコストを支払うことで、エボルブデッキから進化(エボルブ)させることができる。エボルブフォロワーはバトルを優位に進められる強力なカード。

 ーーだそうですが、ここら辺がDCG版と異なってきますね。DCG版は進化権を消費してフォロワーを進化させるのですが、エボルブではコストを支払うようです。他にもDCG版では、基本的に全てのフォロワーの進化先はありましたが、エボルブでは特定のフォロワー限定のようです。

 そして何より一番重要なのは、エボルブデッキという、いわばエクストラデッキの存在。通常のデッキとは別に、進化先のカードの入ったデッキを別に用意する必要がある。

 ーーあれ⁉ これ、カードを集めるのに、手間とお金がかかりそう。進化できるのが特定のフォロワー限定なのが救いかもしれません。でないと、デッキに採用しているフォロワーと同数の進化先カードが必要になってきますからね。

DCG版にはない、クイック要素

出典:Shadowverse新作カードゲーム『Shadowverse EVOLVE』発表会

【クイック】相手のターン中に特定のタイミングでコストを支払えばプレイが可能。新たな駆け引き要素が戦略を変える。

 これをDCG版で実装して‼ 筆者の本音が思わず漏れる。

 基本的にDCG版では、相手のターン中に自分が出来ることはないので、ターンエンドまでただ眺めているだけでしたが、エボルブでは、相手の行動を存分に妨害できるようになります♪ プレイが可能になるタイミングにもよりますが、場合によっては進化フォロワーを潰したりできるので、よりプレイングに注意を払う必要が生まれます。新たな駆け引きーーシャドバに吹く、新たな風となるか⁉

リーダーカードの実装

出典:Shadowverse新作カードゲーム『Shadowverse EVOLVE』発表会

【リーダーカード】プレイヤーと共に戦うリーダーのカード。選択したリーダーによって使用可能な『クラス』のカードが決まる。

 DCG版のリーダースキンみたいな感じでしょうか? ならばリーダーカード自体に能力などを付与することは出来るのか? 注目ですね。

 リーダーカードは順次追加予定とのことなので、アルベールやフィルレインを始めとした人気キャラクターをリーダーカードとして使用できる日も近い? カードによっては高騰しそうで怖い……。

スターターデッキ6種の発売が決定‼

出典:Shadowverse新作カードゲーム『Shadowverse EVOLVE』発表会

 シャドウバースエボルブに登場する6クラスのスターターデッキが発売決定。これを買うことで、すぐに遊べるようになりますね。シャドバ未プレイでも構築に悩む心配はありません。

 ーーユリアス・フォルモンドはどこですか⁉ ルナしか見当たらないのですけど。ルナが人気なのは十分知ってますが、私を含め、ユリアスの圧倒的強者感に憧れているシャドバプレイヤーも多くいるはずなのに‼ 酷いですよ。

 ーーあと、ビショップ。穢れし洗礼のデッキの顔が……これ以上は、沈黙を保ちます。

ブースターパック第1弾『創世の夜明け』発売決定‼

出典:Shadowverse新作カードゲーム『Shadowverse EVOLVE』発表会

 スターターデッキの発売に合わせ、ブースターパック第1弾『創世の夜明け』の発売が決定。こちらのブースターパックで、デッキを強化して、対戦に臨もう。

 パックのメインビジュアルは、ルシフェル。進化すると大きく特徴が変わるルシフェルはメインビジュアルにピッタリですね。

『創世の夜明け』とは、既存のシャドウバースが進化を遂げ、新たな世界で地位を築いていくという意味があるのか? リリース後、どのように人気が推移するか注目です。

まとめ

 SHADOWVERSE EVOLVE(シャドウバースエボルブ)発表会で、新たな情報が複数解禁されました。これから追加情報が発表されていくにつれて、シャドバ界隈はより一層の盛り上がりを見せるはず。βテストや公認ショップイベントなども開催予定とのこと。

 気になった方は、SHADOWVERSE EVOLVE(シャドウバースエボルブ)の最新情報をチェックして、2022年4月28日のリリースに備えましょう。

 4月30日以降は、公認ショップ大会も開催予定とのこと。腕試しに参加を検討される方もいらっしゃるのでは?

涙腺崩壊。感動を味わえるゲームをピックアップ。

・『Summer Pockets(サマーポケッツ) REFLECTION BLUE』レビュー記事。

・『Rewrite(リライト)+』のダウンロード版について解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)