いま話題の着せ替えアプリ『ピュアニスタ』特集

トーラムオンラインを始めてみた

 スマホでサクッと遊べるMMORPGがやりたい‼

 私は、そんな思いをずっと抱えてまして。

 時々、スマホのMMORPGをインストールして遊んだりしてましたが。

 昨今のスマホMMORPGの大半はプレイヤーが何もしなくても勝手に物語が進行するオートゲームもといおつかいゲームであるため、いまいちのめり込めなかった……。

 もっと自由に、もっと自分で操作して、ファンタジーの世界を駆け回りたい。

 なろう系のアニメですら、いくら俺つえーで主人公が無双している作品がほとんどとはいえ、流石にオートモードで物語は進行していないーーはず? そこまでなろう系アニメを見ていないので詳しくはないですが。

 防振りは面白いよね。あんな感じの冒険がしたいところ。

 というわけで、ステ振りができてかつオートモードで進行しなくていいスマホMMORPGを調べたところ、トーラムオンラインに辿り着いた。

 早速、インストールして、トーラムオンラインを始めた次第である。

トーラムオンライン

 トーラムオンラインは、アソビモより2015年5月14日にリリースされたMMORPGです。キャラクターメイク、武器や防具の作成、スキルの習得などを自分の好みで行えることが特徴。自由を謳歌する正統派MMORPGとして公式が銘打っている作品である。

キャラメイク

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 ゲームを始めると、まずキャラメイクからスタート。

 性別、肌色、身長、体~以降、細かく設定できる模様。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 尻尾髪の欄にはゆるサイドなんていう魅力的な髪型があった。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 ひとまず、キャラクターメイクは納得がいく? 感じに終わり。

 お次は、アバターに持たせる武器を選択しなければならないようで。

 あ……まさかの拳がある。となると、他の武器なんて知らない、難易度も見なかったことにするーー拳一択ですね。無手こそあらゆる状況において、最強。手甲こそあるが……ガントレット、チャージオン‼

 普通の方ならここで結構悩まれるのかもしれませんが、私の場合サクサク進むのだ。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 ちょっと手甲が大きすぎやしません? 腕が疲れちゃうよ。

 ガントレット、チャージオン‼ 

 気合でどうにかしようかな。

冒険の始まり

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 なんかキャンプみたいなところに主人公が辿り着く。

 拠点か、拠点なのかーーベースキャンプと恰好良く言いたい。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 背中に厳つい剣を携えた、おじさんーーおっと、おじ様が登場。誰だよとしか言えないが。

 む、一目で私がしがない冒険者だと見抜くとは、この御仁、只者ではないようだ。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 彼らの正体が定かではない現状、上二つの選択肢を選ぶのは、非常に安易という他ない。彼らは盗賊や山賊といった悪しき輩である可能性があるのだ。冒険初心者と分かれば、本性を曝け出して何をしてくるかわからない。

 ここは、『冒険は慣れている』アピールをするのが肝要だ。

 もちろん、主人公の貧相な身なりからして、『は、虚勢を張りやがって』なんて心の中では笑っているかもしれない。だがその瞬間には些細な表情の変化が現れると思われるので、注視するべし。自分の力だけで彼らの本性を暴くのだ。

 あ、この人本当は……とわかれば、即座に距離を取ろう(物理的にも精神的にもね)。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 誘われたーー‼

 はっきりと断るという選択肢が存在しない、理不尽。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 冗談は、これくらいにして。

 ようやく操作できるようになった。なお、テナートの話は、実際には短かった。私の異世界に対する不信感のせいで、文章が長ったらしくなっただけである。

 でも、人生イージーモードが異世界の現実だと思っちゃいけないのは、確固たる事実なんだけどね。

 まあ、ここは異世界じゃなくて、ゲームなんだけど。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 実践だーー‼

 剣は不要。拳でモンスターをぶん殴れ。拳と拳?で語り合う、これが対話もといモンスターとのバトルだ。

 ……動きが遅い。もうちょっと早く動きたいところ。ステ振りは決まりかな。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 多分、チュートリアルみたいな感じなんだろうけど、最終的にボス出現。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 テナートが一緒に戦ってくれるらしい。心強い。

 あと、疑ってすみませんでした……は少々早いか。まだ様子見だぜ。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 いざ、フォレストウルフなるボスとバトル。

 ひとまず観戦。テナートの戦いを拝見。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 何もせずにボス戦終わっちゃったんだけど……テナートが一人で倒した。

 私、いらない子。なう。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 キャンプに帰ったら、焼け野原になっていた。謎のドラゴンの襲撃を受けた模様。

 手甲? の女? 私がまだ名前を憶えていないキャラクターが、孤軍奮闘していた。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 脱出ポイント……逃げろと?

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 ああ、流石に無理ですね。とっとと、逃げましょう。

 ガントレット、チャージオン‼

 脱出ポイントをセット

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 ダッシュダッシュ、ダッ、○○シュ―ト

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 ポップアウト(視覚的注意) テナートがヤバい‼

 さっきのチュートリアル風なボスは、単独で撃破していたのに。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 あらら……テナートが……。

 これはふざけている場合じゃない。彼が稼いでくれた貴重な時間で、無事に脱出を果たさなければ、申し訳が立たぬというもの。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 いや、倒されましたけど……。

 しぶといだけじゃあ、ドラゴンには勝てないんだよね。

(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.

 5分後(正確な時間ははかってないので体感)、無事に再会を果たすも、主人公はテナート一行のことなどすっかり忘れていて、彼らのことを思い出すまでにしばし時間を要するのであった。

涙腺崩壊。感動を味わえるゲームをピックアップ。

・『Summer Pockets(サマーポケッツ) REFLECTION BLUE』レビュー記事。

・『Rewrite(リライト)+』のダウンロード版について解説。